読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいさん 四季&ディズニーのボイス研究中!

劇団四季やディズニーの音楽の歌い方を研究&勉強しています!

劇団四季のボイストレーニング(ボイトレ)方法 やり方 母音法 呼吸法 開口発声訓練

こんにちは、けいさんです。


現在劇団四季出身の先生から直接ボイトレの指導を受けているのですが、僕はいま、東宝ミュージカルと劇団四季発声の違いを意識しながら練習をしています。


どちらのミュージカル俳優さんも声が美しく、時に東宝のように、時に劇団四季のように声を使い分けられるよう、毎日心がけながら練習をしている状態です。

 

※直ぐに劇団四季のボイトレの方法について知りたい方は以下の「3」から読んでください※


---------------------
【この記事の目次】

1、ボイトレの話しの前に…東宝劇団四季の違い 

2、東宝はオールスターの集まり?

3、劇団四季ボイストレーニングの基礎について

---------------------

 

1、劇団四季のボイトレの話しの前に…東宝系ミュージカルとの違い 


劇団四季ボイストレーニングの話しをする間に、世の中のミュージカルの発声について少々触れておこうと思います。

劇団四季のミュージカルが好きな人の中には、東宝系のミュージカルも好きだという人は多いのではないでしょうか。


僕自身もレ・ミゼラブルの生演奏と迫力に圧倒されて、東宝ミュージカルのファンでもあります。

 

東宝の若手人気俳優さんの代表と言えば最近NHGのSONGSでもディズニー好き俳優として出演されていた井上芳雄さんや山崎育三郎さん、城田優さんが挙げられますね。

 

一方で、同じくディズニーのミュージカルに出演している劇団四季の若手俳優さんと言えば、例えば、アラジンやシンバなどを演じる島村幸大さん、厂原時也さん、田中彰孝(シンバ)さんがいます。

東宝にも劇団四季にも出演している海宝直人さんも、出身はヤングシンバなのでベースは劇団四季ですね)

 

いま名前を挙げたみなさんは共通してディズニーが好きな俳優さんですが、東宝劇団四季では決定的に違うところがあります。

 


それは、発声の方法ですね。

 


これはあくまでも主観ですが、私の先生も納得してくれたのでお伝えすると、

 

東宝のミュージカルの場合は、(というよりも劇団四季以外の俳優さん)個々の持つ地声の延長で歌っている印象を受けます

 

つまり「声質」の影響を受けやすく個性も出やすいので、好き嫌いが分かれやすいのも事実です。

 

僕のまわりでも「芳雄派」「育三郎派」という声が聞こえてくるくらいです笑。


「芳雄くんのほうが育三郎なんかより全然好き!」

「育三郎さんのあのオレ様感が好きなの!」(声関係ない笑)


という会話は何回聞いたかわかりません笑。

当の二人は、お互いに認め合っているしいいじゃん、とは思うのですが…^^;(ただ、二人ともお互いをかなりライバル視もしているようです笑)

 

一方で劇団四季の場合は、全員が同じ発声方法を行っているので、いつ、誰の公演を観ても、同じような感動を伝えてくれます。

 

劇団四季の方針として

「スター俳優を作らない、誰の時でも同じ100点の公演を届けたい」

というものがあり、そのため、全員が徹底して同じ発声方法を叩きこまれているのです。

 

劇団四季では、徹底したボイトレにより基礎の発声方法をマスターした先で、個々が個性を持った表現をしているので、もちろん俳優さんごとに違う仕上がりになりますが、

基礎が同じため「あの人の歌い方はいやだー」みたいな声は、東宝ミュージカルに比べるとかなり少ないです。

 

(ただ、人によっては劇団四季の徹底した発声の統一が、東宝のように個性を感じない、機械的だ、と考える人もいるのでそこは好みの問題になります。どちらがいいかは聞いた本人の感覚でいいと思います)

 

劇団四季は共通した完璧な発声方法がベースにあるので、俳優さん個々に対しての好き嫌いが出にくいのが特徴です。

 

 

劇団四季が教える発声方法での歌い方が好きなら、理論的には、四季の出演者みなさんの声が好きになる傾向にあります。

 (劇団四季ではヴォーカルクラシックとヴォーカルポピュラーに分かれているので、その中でなら好き嫌いはあるかもしれません)

 


2、東宝はオールスターの集まり?

 

東宝ミュージカルの場合は東宝ミュージカルアカデミーのルートもありますが、元劇団四季出身の俳優さんや、歌舞伎役者さん、アイドルの人など、あらゆる方面から出演者が集まってくるので、いろいろな発声方法の人がいることになります。


良いと思うか悪いと思うかは人それぞれですが、個人的にはある意味でオールスター感があって好きです笑。

 

というか、東宝ミュージカルは基本的に公開オーディションで色々な団体に所属した人が一斉に受けてくるため、音楽や演技の基礎を学んだ場所が各俳優さんごとに異なる、ということになります。

 

実際に、東宝ミュージカルに出演している元劇団四季所属の方も多数います。

 

例えば、レミゼに出ている劇団四季出身の人としては、

 

前述の、海宝直人さん(シンバ、アラジン、カジモドなど)はマリウスを、福井晶一さん(ビースト、ムファサ、ラムタムタガーなど)、吉原光夫さん(ムファサ、シンバ、ガストンなど)がジャン・ヴァルジャンをやったりしてます。

 

劇団四季専属の俳優さんは基本的には四季のミュージカルにしか出演出来ません。細かいことを言うと、2017年現在もノートルダムの鐘の主役・カジモド役に選出されていて、かつ東宝レミゼに出ている海宝直人さんは、劇団四季の専属ではありません。詳しく知りたい人は直接僕にメッセください笑)

 

また、最近では乃木坂46生田絵梨花さんがコゼット役に抜擢されて注目されましたね。

 

一方で劇団四季は、演目によって多少異なりますが、劇団四季専属の俳優さんだけが劇団四季のミュージカルに出るので、全員がおなじ発声や演技指導を受けているため統一感があります。

 

※ただし、最近ではアラジンやノートルダムの鐘にて公開オーディションを行っており、特にノートルダム聖歌隊メンバーは外部の人の合格が目立ちました。海宝直人さんも"元劇団四季"の外部の人、つまり演目契約メンバーとして合格しています。

 


つまり、超大雑把に分けるならば、最近の人気ミュージカルの発声方法は「劇団四季流か、そうでないか」に分けられると言っていいかもしれません。

 

ということでいよいよ劇団四季ボイストレーニングについてお話しをしていこうと思います笑

 


3、劇団四季ボイストレーニングついて ボイトレ方法公開


劇団四季で取り入れられているボイストレーニングで有名はものは2つあります。

このボイトレは、出演予定の無い人は毎日延々と行うものであり、

これをマスターすることが四季の舞台を踏むための最低ラインとも言えます。

 

■1、母音法

劇団四季の発声方法と言えばやはりこの「母音法」です。日本語は基本的に「子音+母音」で成り立っています。


母音・・・あ(a(i)  (u)  (e(o) 

子音・・・か(ka)(ki)(ku)(ke)こ(ko)の "K" などの音


例)さ行の子音⇒ Sa などの "S"

例)た行の子音⇒ Ta などの "T"

 

で、この母音法とは、子音と母音の一音一音を分離させて子音を取り除き、母音だけで話す、という発声方法です。

 

例えば、リトルマーメイドのパートオブユアワールドの冒頭だと、(劇団四季版歌詞)

 

 

「ほらみて いいでしょう? たいせつな たからもの」

 

これを母音法に変えると

 

「おあいえ いいえおう? あいえうあ あああおお」

 

こんな風になります。

 

 

このとき注意するのが


「大切な宝物」

 ⇒「たいせつなたからもの」

  ⇒「あいえうああああおお」


この「あ」が4つ連続で並んでいますが、「あいえうあーーおー」といった感じに、ただの延ばした音にならないように気を付けなくてはいけません。

 

必ず1音ずつハッキリと「あ あ あ あ お お」ということが滑舌の良さを生み、自分のセリフや歌を確実にお客さんに届けることが出来るのです。

 

これを意識して、セリフを全て母音法で読んだり、歌を母音法で歌うことで劇団四季の声に近づくことができます。

 


なお、声を出すときは必ず背筋を伸ばし、顎を引いて、口角を上げ(上の歯だけを見せる感じ)、しっかりと口を大きく動かして発声するようにしてください。

 

また、可能であれば前傾姿勢で行うことが理想です。


やや高い机の上に手を置いたり、鉄棒のようなバーを掴んでそこに自分の体重を少し預けるくらいがちょうどいいです。

 

正しい姿勢と口の形で発声しないと、音がきれいに響きません。口を大きく動かし、声が通る空間を広く作ることでようやく意味のあるトレーニングが出来ているということになります。

 

 

 


■2、呼吸法

続いては、いわゆる「腹から声を出せ!」が出来ない人や、長く息が続かない人にうってつけの練習です。それがこの「呼吸法」です。(開口・発声訓練)


僕もとにかく歌っている時に息が続かなくて苦労をしましたが、その壁を少しずつ超えられるようにしてくれているのが「呼吸法」でした。

 

このボイストレーニングは仰向けに寝て全身の力を抜いた状態で始めます。体が横になった状態で息を吸うと腹式呼吸が出来ている」ことになるのですが、その状態で練習するものです。(腹式呼吸をマスター出来れば、立っておこなってOKです)

 

よく、「肩で息を吸うな」「お腹に空気を入れろ」みたいなフレーズを聞いたことがあると思いますが、その「お腹に空気を入れる」方法ですね。

 

ちなみに、人間の構造上、息は肩にもお腹にも絶対に入りません笑。肺にしか絶対に入らないです。ですが、「肩で息を吸うな」「お腹に空気を入れろ」という言葉には意味が合って、


肺の広がる方向が肩、つまり体の上の方だけではダメであり、肺をお腹の方にまで広がらせてしっかり息を吸え、ということが言いたいんですね。(色々な意見がありますが、少なくとも僕や先生はそう考えています)

 


次に、その横になった状態で鼻から息を吸って10カウントで息を吐きます。これを次は20カウント、30カウントと長くしていきます。

 

息が続くまでゆーーーーーっくりと吐き続けましょう。

 

劇団四季の俳優さんであれば60~70カウントくらいは行き、人によっては100カウント続けられるそうです。)

 

この時のポイントは、10カウントの時は10カウントで吐き切る、20カウントの時は20カウントで吐き切る、ということを意識してください。カウントが短いからといって余力を残してはいけません。

 

さらに、ここからが劇団四季流のボイストレーニングと言えますが、

1カウントで一気に吸い、劇団四季が活用する「レギュラー表」にて「アイウエオ イウエオア ウエオアイ エオアイウ オアイウエ」と、一行を一息で発声します。これをカ行、サ行、タ行…ワ行まで行います。

 

これかなりきついです笑。ただ、滑舌もめちゃくちゃ良くなるので絶対にマスターしてください。

 


もしもこのレギュラー表が欲しい場合は印刷できるようにPDFでお渡ししますので、私の方に問い合わせしてください。

本当に練習して上手くなりたいという人へのみお届したいPDFなので、「レギュラー表を受け取りたい」という旨をメッセージでもらえたらダウンロードリンクをご連絡します!

 

 ○PDFで四季流のレギュラー表を受け取る

 (けいのLINE@)
  ⇒ http://top-web.gift/LINE-shiki-training

 

また、前述の母音法の練習用に「母音法版 パート・オブ・ユア・ワールドの歌詞」や

劇団四季アラジンやリトルマーメイド、ライオンキングの曲中のセリフを母音法に書きなおしたバージョンもPDFで一緒にお渡ししますので、興味のある方はどうぞ^^


PDFの方では、実際の劇団四季での練習風景の動画も紹介させていただいています。

文字では分かりづらいものも一気にイメージがわくと思いますのでぜひ目を通してみてください!

 

 ○劇団四季の練習風景動画などもまとめて受け取る

 (けいのLINE@)

  ⇒ http://top-web.gift/LINE-shiki-training

 

 

かなり時間をかけてPDFを作ったりこの記事を書いたりしたのですが、やはり根本的な声の悩みはしっかりとした練習方法を実践するしかないため、用意しました。

 

上手くなってミュージカルデビューがしたい、声量の無さを克服したい、人から振り向かれるような歌声を持ちたいという様な場合は絶対に導入してもらいたいと思います。

 

それではまた次回の記事をお楽しみに!

 

 

 

 

【参考】東宝劇団四季の発声比較動画

東宝 井上芳雄さんの歌うアラジンのProud of Your Boy

www.youtube.com

 

東宝 昆夏美&山崎育三郎の歌う美女と野獣の  Beauty and Beast

youtu.be

 

劇団四季 谷原志音さんの歌うLM の パートオブユアワールド

youtu.be

 

劇団四季 海宝直人さんの歌うノートルダムの  陽ざしの中へ(0:37から)

youtu.be

 

劇団四季 飯田達郎さんの歌うノートルダムの  石になろう(上と同じ動画4:01から)

youtu.be

 

 

関連記事のまとめ

kei-san-music.hatenablog.com

kei-san-music.hatenablog.com

 

kei-san-music.hatenablog.com

 

 

 

 

 

モアナ どこまでも ~How Far I’ll Go〜を上手く歌うには? 息が続かない理由はこれ!

 

こんにちは、けいさんです。

nanaのプロフィール欄で以下の記事を紹介していたのですが、そちらの記事は読んでもらえたでしょうか?^^

 

いかにディズニーの曲をディズニーっぽく歌うか、劇団四季出身の先生から教わった方法を公開しているので見てくださいね☆

 


■ディズニーの曲をディズニーっぽく歌う方法
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

kei-san-music.hatenablog.com

 

 

さて、今回はモアナの「どこまでも ~How Far I’ll Go〜」の歌い方について書いてみようと思います。

 

というのも、先日東京で行われたフレンズ・オブ・ディズニーコンサートに行ってきたのですが、そこで生モアナの歌声を聞いてきてハマってしまったんですね〜。屋比久ちゃん可愛い〜!笑

 

f:id:kei-san-music:20170329021455j:plain

 

それで、そのあと一緒にコンサートに行った音楽仲間たちとカラオケに行ったんですが、モアナのどこまでも ~How Far I’ll Go〜」を歌った子が、歌いきった後に一言、

 

 

「息が続かない〜!!!」

 

 

って言っていたんです。

 

 

確かに聞いていると特に2番の後半なんてずぅーーーーっと高音が続くし、しかも曲が盛り上がってるから抑揚もつけなくちゃいけない感じがして、大変そうだなと思っていました。

 

そこで、今回は、どこまでも ~How Far I’ll Go〜」を気持ち良く歌う方法について紹介します!これは元劇団四季所属だった僕の先生からいただいたアドバイスをもとに解説するので、かなり正しい方法かと思います^^

 

---------------

どこまでも ~How Far I’ll Go〜」を歌うポイントは3つ!

---------------

1、静かなAメロこそ息を吸うところに気をつけて!

2、サビでは息を吐き切らない

3、声の〇〇〇〇〇は不要!

 

スマホにダウンロードできる、フルの高品質なモアナ カラオケ音源が欲しい方は記事の最下部へ※

 

 

1、静かなAメロこそ息を吸うところに気をつけて!

 

まずは、いかに息を確保するか。そこから教えますね。

 

先日3月25日にNHKの「SONGS」という番組でモアナの屋比久ちゃんが歌っていたのを見たんですが、本当に息を吸うのが超綺麗でした。必要なところで息を吐き切り、そして吸うべきタイミングで綺麗に吸っていました。

 

そもそもどこで息を吸うのか判断するのかというと

 

「歌詞の意味が正しく伝わるように息を吸う」

 

ということです。

 

例えば1番の最初の歌詞を見てみましょう。

 

Aメロ1
 打ち寄せる波をずっと
 一人見つめてた
 何も知らずに

Aメロ2
 そうよ
 期待に応えたい
 でも気づけばいつも
 海に来てるの

 
こんな感じで始まりますが、これって同じメロディのAメロが2回繰り返されていますよね?


ただ、Aメロ1とAメロ2では、途中で息を吸うタイミングの回数が全然違います。Aメロ1は途中で1回しか吸いません。一方でAメロ2は3回吸います。


NHKのSONGSに出ていた時の屋比久ちゃんが息を吸っていたタイミングを書くとこんな感じです。

 

Aメロ1
 打ち寄せる波をずっと
 一人見つめてた(吸う)

 何も知らずに

Aメロ2
 そうよ(吸う)
 期待に応えたい(吸う)
 でも気づけばいつも(吸う)
 海に来てるの

 

これは、Aメロ1は特に「打ち寄せる波をずっと」のあとでついつい息を吸いたくなってしまいますが、ここで吸ってしまうと歌詞が分断されてしまいます。

 

「打ち寄せる波をずっと一人見つめてた」

 

これで一文なので、ここまで息を吸わないことが、この曲の持つ世界観を崩さずに守ることができるのです。

 

Aメロ2のほうは「口語」、つまりモアナの話している感じの構成になっています。

「そうよ!」

「期待に応えたい!」

「でも、気づけばいつも・・・」

「・・・海に来てるの。」

歌詞1行1行が独立しているので息を吸うタイミングも増えています。

 

「でも気づけばいつも海に来てるの」で一気にいってもアリかもしれません。ただ、英語の歌詞との兼ね合いでここは吸ったほうが良さそうです。屋比久ちゃんもこのタイミングは、ほんの一瞬だけ吸っています。

 

 

 

2、サビでは息を吐き切らない

 

さて、続いては皆さんを悩ませる2番のラストのサビのところですね!もうね、息が全然続かないですほんと笑。

 

ただ、ここはモアナ本人、屋比久ちゃんがどこで息を吸っているのか、どんな呼吸をしているのかを研究すればきっと克服できます!

 

ということでまずは2番のサビの歌詞を見てみましょう。

 

2番サビ

 光り輝く海が私を

 呼んでる

 おいでよと

 早く見つけて欲しいと呼んでる

 教えてよ

 そこには何が待ってるの

 

大サビ

 空と海が出会うところは

 どれほど

 遠いの

 追い風受け漕ぎ出してきっと

 私は行くのよ

 

こんな感じですね。ちなみに、サビの時は先ほど1で紹介した「歌詞の意味を分断しないように」というルールはひとまず置いておきましょう。

 

息が続くことが優先すべきことであり、ルールを忠実に守るのはちょっと難しいので、「可能な限り守る」という考えでいてください。

 

で、実際に屋比久ちゃんが、どんな感じで息を吸っているのかチェックして見ました。

それがこちらです。

 

2番サビ

 光り輝く海が(吸う)私を(吸う)

 呼んでる(吸う)

 おいでよと(吸う)

 早く見つけて欲しいと呼んでる(吸う)

 教えてよ(吸う)

 そこには何が待ってるの(吸う)

 

大サビ

 空と海が出会う(吸う)ところは(吸う)

 どれほど(吸う)

 遠いの(吸う)

 追い風受け漕ぎ出してきっと(吸う)

 私は(吸う)行くのよ(吸う)

 

 

サビの方の息を吸うタイミングは、「1」のAメロの時と比べて「吸いたい時に吸っている」印象を受けますね。

 

ただ、屋比久ちゃんはこの時、「息を吸う量」が結構違います。ちょびっと吸う時もあれば、思いっきり吸っているところもあります。

 

それを文字の大きさで表してみるとこんな感じ。

 

(吸う)  → 一瞬だけ息を吸う

(吸う) → 普通に無理なく吸う
(吸う) → しっかりと吸う

 

2番サビ

 光り輝く海が(吸う)私を(吸う)

 呼んでる(吸う)


 おいでよと(吸う)


 早く見つけて欲しいと呼んでる(吸う)


 教えてよ(吸う)


 そこには何が待ってるの(吸う)

 

大サビ

 空と海が出会う(吸う)ところは(吸う)


 どれほど(吸う)


 遠いの(吸う)


 追い風受け漕ぎ出してきっと(吸う)


 私は(吸う)行くのよ(吸う)

 

屋比久ちゃんは、最後のサビはコンスタントに息を吸い、また、息が辛くなりそうなところの前でしっかりと呼吸しています。本人は無意識でやっている印象を受けました。すごい。

 

個人的に一番息が辛いと思うところは、

 

 早く見つけて欲しいと呼んでる(吸う)


 教えてよ(吸う)


(吸う)

 

大サビ

 空と海が出会う(吸う)ところは(吸う)

 

この「そこには何が待ってるの」からすぐに「空と海が出会うところは」と行くところです。

 

ポイントは

  • 「教えてよ」のあと、しっかりと息を吸うこと
  • そのあと2回、一瞬息を吸うところを必ず忘れないこと

 

ここさえ吸えれば後半も息が持つと思います。

 

なお、息というのは、限界一歩手前くらいまで吐ききった後に吸うと、うまく「反動」をつかって一瞬でたくさん吸うことができます。

 

なので「教えてよ」の部分は苦しくない程度にしっかりと息を使い切り、その反動を使って呼吸をしましょう!

 

 

スマホにダウンロードできるフルのモアナ カラオケ音源が欲しい方は記事の最下部へ※

 

 

3、声の◯◯は不要!

 

さて、最後の3つ目は、意識すれば一発で直せるものになります。これはついつい曲が終盤に行けば行くほど起こってしまう現象なんですが・・・

 

歌っている時、つい「曲に抑揚をつけないと!」と思って大声になって歌っていたりしませんか?僕もほんとそれで「声がでかい=うまい」と思っていたんですね。

 

終盤に行けば行くほど声の大きさが大きくなっていき、最後の最後はフルボリューム!みたいな。

 

でも、それは完全なる間違いであり、歌う自分も辛いし、聞いている側もかなりの確率で「心地よくない」状態を作ってしまっています。

 

つまり、答えから言うと、声のボリュームは不要、と言うことです。

 

モアナのこの曲も、ついつい最後は息も続くのがギリギリで大変だし、力んでしまうと思いますが、フルボリュームで歌う必要はありません。

 

屋比久ちゃんも気持ちよさそうに歌っていると言うことはつまり、「無理な歌い方をしていない」ということです。

 

曲全体に抑揚をつけたい、最後に盛り上がりを持っていきたい、という場合は、最後を大きく歌うという考えではなく、次のように視点を変えて歌ってみましょう。

 

不正解 → 最後にフルボリュームで歌う

正解  → 最初を抑えめでスタートする

 

そう、つまり、スタートをしっかりと丁寧に静けさを含めて歌うことができれば、最後の部分で無理な大声を出さなくても曲全体を盛り上げることができるんですね!!

 

ぜひ今回の3つのポイントをしっかりと抑えて歌ってみてください☆

 

 

 

 

ということで今回は、呼吸の方法や、声のボリュームについて、モアナの曲をベースに解説してみました!


もしも、


・声量がなくて、もっとのびのびと歌いたい!

・マイクにまったく自分の声がのらない…!

・歌い始める時の最初の音がいつも当たらない…!

・キャラクターを演じながらも自分の個性も出したい!

・四季や東宝ミュージカルについて知識を増やしたい!


こんな悩みや希望がある人は、直接歌い方のアドバイスもできますので、こちらから質問してみてください。

 


■四季やディズニーの発声研究中!けいさんLINE@はこちら

 →http://top-web.gift/moana-keisan


こちらでは、上のような悩みを解決する方法の他、nanaの音源作成時のご案内から、

自分が劇団四季出身の先生の元で受けているボイトレで気がついたこと、ディズニー・四季関連の会員チケット情報などもお伝えしようと思います!

 

また、今回、私と音楽仲間で作成した、nanaで公開している「モアナ どこまでも ~How Far I’ll Go〜」のカラオケのフル音源(約2:45)もプレゼントしますので、欲しい方はメッセージを送ってください!

 

 

■モアナの高品質カラオケダウンロードはこちら
 →http://top-web.gift/moana-keisan

 

おすすめ動画 屋比久知奈さんの生歌

www.youtube.com

 

 

 

関連記事のまとめ

kei-san-music.hatenablog.com

kei-san-music.hatenablog.com

 

kei-san-music.hatenablog.com

 

 

 

 

「ディズニーの曲」を「ディズニーっぽく」歌うために

 

こんにちは、けいさんです!

年下の人からはもちろんですが、年上の40代、50代の仕事のお客さんからも、いつも「けいさん」と呼ばれているので、これでいきます笑。

 

━━━━━━━━━
【目次】
1、こんなディズニーっぽくない歌い方に気を付けて!

2、キャラのイメージに近い歌い方には○○○や○○が大事

3、ビブラートなどの技術を覚える前にまずはこれ!

━━━━━━━━━

 


今回は「ディズニーの歌を、いかにディズニーっぽく歌うか」について書こうと思うのですが、まずは僕がどんな感じに歌っているか聞いてください。


・アラジン ひと足お先に(クリックで再生)


・アナ雪 とびら開けて(男声パートのみ)(クリックで再生)

 

 

それで、ありがたいことに、ツイッターのフォロワーさんや、nanaのフォロワーさんから「ディズニーみたい!」って評価をしてもらえてるんですが、

この歌い方のコツを知りたい!という声も頂いたので、自分の中で意識している、基本的だけど大切なことをまとめてみました!



━━━━━━━━━

1、ディズニーっぽくない歌い方に気を付けて!

━━━━━━━━━

もちろん音程を確実にとるのも大切です。(むしろ僕はピッチ悪いです)

ただ、めちゃくちゃ歌が上手くても「ディズニーっぽくない歌い方」の人もいますよね。



歌は上手いんだけど…ホールニューワールドをビジュアルバンドのボーカルっぽく歌ってる人とかたまにいます。カラオケでも遭遇します笑


実はディズニーの曲を歌う時のコツなんですが、これは劇団四季のとあるルールとも似ていて、それを守るとうまくいく、と思っています。


その劇団四季のルールとは、



「アドリブは禁止」



というものです。



劇団四季は「作品を台本通り、譜面通りに誰もが忠実に行わなくてはいけない。アドリブをやってはいけない」というルールがあります。

なぜ劇団四季がそのようなルールを設けているのかについて詳しくは今後の記事で書きますが、

同じように、ディズニーの曲を歌う時も「アドリブは禁止」で、ディズニーの世界観を守りながら歌う必要があります。


どういうことかというと、例えば、カラオケに行った時に友達がホールニューワールドを歌ったとします。

 

■A Whole New World


その時に、この上の動画の1:45からのジャスミンパートで「すーてきーすぎーてー、しーんじーられーなーい」のところのメロディを、

J-popのアーティストのライブみたいに、原曲とは違う音階でめちゃくちゃオリジナリティある感じに友達が歌ったら…

どう思いますか?



「キモっ!」


とか


「そんなんじゃないしっ!」


って思いません?笑



ディズニーの曲を聴く人たちはみんな、アラジンのパートは「アラジンっぽく」、ジャスミンのパートは「ジャスミンっぽく」歌ってほしいんです。


にもかかわらず、自分の個性みたいのを前面に押し出しすぎた歌い方をしてしまうと


「そんなのジャスミンじゃない」

「アラジンはそんなビジュアル系っぽく歌わないし」


って思うわけです。

(ビジュアル系バンドを否定してるわけではありません笑)




つまり、ディズニーの曲を歌う時は、「そのキャラクターが持っているイメージに沿った歌い方」をしないと、例えどんなに歌が上手くとも「そんなんじゃないしっ!」って聞いてもらえなくなるんですね。



━━━━━━━━━

2、キャラクターのイメージに近い歌い方をするには、○○○や○○が大事!

━━━━━━━━━

それじゃあ、どうすれば「キャラクターのイメージ」に近い歌い方ができるのか?

これはディズニーの劇中歌(ストーリーの流れで歌い出す曲など)を歌う時に特に言えることですが、


正解は

「セリフを言う時と同じような雰囲気や声色(こわいろ)で歌う」

ということです。



きっとみなさんも出会ったことがあると思いますが、歌う時と話す時で、声が全然違う人っていますよね?

個人的には、特にJ-popの場合は、歌が上手い人ほど、歌う時と話す時の声質に差があると思ってます。

西野カナさんとか宇多田ヒカルさんとかまさにそれですね。
 

 

ただ、ディズニーの劇中歌を歌うときは逆に、声質に差がない方がいいんです。「セリフなのか、それとも歌ってるのかわからない」くらい、雰囲気を揃えるのが大切です。



逆に言うならば、「歌っている時の発声に近い方法で、セリフも言っている」ということです。

劇団四季の人たちは特に、セリフも歌も聞きとりやすいですよね。

映画のキャラクターたちも同じで、まるで歌っているようにセリフもハッキリと言っているんです。




━━━━━━━━━

3、ビブラートなどの技術を覚える前に…まずはこれ!

━━━━━━━━━

では、どのようにすればハッキリと歌うことができるのか?

 

それは、「とにかく口を大きく動かす」ことです。

 


これはつまり「滑舌よく歌う」ということになるのですが、滑舌の悪い人は口の中に空間が出来ていないから『舌が上手く動かない、空気の流れが悪い⇒滑舌が悪い』ということになります。

 

歌う時に上の歯が見えるくらい口角があがっているのが理想的で、ぜひプロの人の口元を注目してみてください^^


■口の動きに注目!劇団四季版 パート・オブ・ユア・ワールド(2:29頃からがわかりやすいです)




ディズニーの劇中歌や四季の歌は、歌詞が非常に聞き取りやすいです。


J-popだと歌詞を見ないと何を言っているのか分からないことが多いですが、

ディズニー映画のように、主人公の想いを

映画を見ている人に伝えるためには

ハッキリと口を動かさないとダメ!ということですね。

(繰り返しますがJ-popとかミュージカル以外の音楽を否定しているわけではありません笑。僕もback numberとか聞きます笑)

 


よりキャラクターの雰囲気を出すためには必ずその映画を見て、口を大きく動かしながら、セリフのものまねとかもしてみるといいですよ♪


メロディーはいったん忘れて、歌詞を100回以上声に出して読み、世界観や主人公の心境、背景などを理解してから歌うというのも大事です。(僕は毎回歌詞の朗読を欠かさずにやっています!)



 


ということで、まずはビブラートなどのテクニックを覚えるよりも、この「口を大きく空ける」ことを意識して歌ってみましょう。


可能な限りキャラクターの心情を理解して「そのキャラになりきる」こともやってみてください!



もしも、


・声量がなくて、もっとのびのびと歌いたい!

・マイクにまったく自分の声がのらない…!

・歌い始める時の最初の音がいつも当たらない…!

・キャラクターを演じながらも自分の個性も出したい!

・四季や東宝ミュージカルについて知識を増やしたい!


こんな悩みや希望がある人は、直接歌い方のアドバイスもできますので、こちらから質問してみてください。

 

 

■四季やディズニーの発声研究中!けいさんLINE@はこちら
 →http://top-web.gift/kei-san




こちらでは、上のような悩みを解決する方法の他、nanaの音源作成時のご案内から、

自分が劇団四季出身の先生の元で受けているボイトレで気がついたこと、ディズニー・四季関連の会員チケット情報などもお伝えしようと思います!

 

過去には、自分が行けなくなった四季のリトルマーメイドのチケットの譲り手を探したりもしました…^^; チケットの正しい取り方なども教えることができますので、興味がある人はどうぞ☆

 

■四季やディズニーの発声研究中!けいさんLINE@はこちら
 →http://top-web.gift/kei-san

 

 

関連記事のまとめ

kei-san-music.hatenablog.com

kei-san-music.hatenablog.com

 

kei-san-music.hatenablog.com